2012年02月11日

四大陸フィギュアスケート選手権2012 速報 高橋大輔

四大陸フィギュアスケート選手権2012の速報です。

高橋大輔は?

 フィギュアスケートの四大陸選手権第2日が10日、米コロラド州コロラドスプリングスで行われ、男子ショートプログラム(SP)3位からの逆転を狙った高橋大輔(25=関大大学院)だったが、フリーでも圧巻の演技を披露した世界王者のパトリック・チャン(カナダ)に及ばず、2位に終わった。

 高橋は「(1回転半になった)アクセルがもったいない。タイミングが合わずに力が抜けた」と反省しきり。冒頭の4回転も両足で着氷し、「4回転は大きな課題。課題が見つかり、練習に気持ちが入る」と3月の世界選手権へ気持ちを切り替えた。


(この記事はスポーツ総合(スポニチアネックス)から引用させて頂きました)

四大陸フィギュアスケート選手権2012の速報、
高橋大輔選手はおしかったですね。

高橋大輔さんがショートで驚異的な数字を叩きだしましたが、あれは少しサービスしてもらったのでしょうか?
演技は素晴らしいものでした。


- 回答 -
NHK杯と全日本の位置づけは他の方が説明してくださったので、もう私が付け加えることはないでしょう。

日本人選手についてより客観的な意見を聞きたいなら、英語の掲示板を見るのもひとつの手です。(特に日本人女子選手に関しては、日本国内と海外ではかなり扱いが違います。)英語のサイトでも北米以外のユーザーも結構いますし、英語が母国語でない人もいます。私がよく覗くのはGolden Skate Forumsです。ユーザーの知識レベルは様々ですが、中にはかなりレベルの高い人もいます。

NHK杯のSPについては、高橋選手の点数が高すぎるという人はごく少数だったと思います(例:危機感を覚えたチャン選手のファン)。

http://www.goldenskate.com/forum/showthread.php?35319-Men-s-Short-P...
(ここから数頁に渡って高橋選手一色でした。)

GOEはほぼ妥当、PCSに至ってはまだ低すぎるという声が大半でした。演技の完成度の高さゆえに、「彼には本当に四回転は必要か?」という論議にまで至っていましたが、同じことはCBC解説でカート・ブラウニングとトレーシー・ウィルソンも言っていました。

全日本は国内大会なので点数はあくまで参考にしかなりませんが、高橋選手に限らず、ISU国際大会とほとんど変わらない基準で採点されたと思います。むしろ羽生選手のPCSはGPFよりも低めに抑えられた感がありましたし、女子の技術判定は全体的にやや厳しめだったような気がします。ロシア、カナダ、アメリカに比べると日本はバカ正直にさえ見えますね。高橋選手の演技がロシア、カナダ、アメリカの国内で出たら、100点出ていてもおかしくなかったでしょう。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

動画 4ccCM DT



四大陸フィギュアスケート選手権2012の速報でした。

エステサロン 四大陸フィギュアスケート選手権2012
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。